Yama no Table (1)
********************************
2018年12月10日(月)
天気 晴れ
気温 5℃
********************************
今回行ってきたのは
京都府相楽郡南山城村にあるカフェ
山のテーブル

京都で唯一の村である南山城村は
お茶の生産地としても有名で
手付かずの大自然が残る場所です

そんな自然豊かな土地で
元保育園を利用したカフェがある
という情報を見つけたので
年の暮れに秘境カフェに行ってきました~


<参考サイト>
▶ 山のテーブル

前置き(注意点)

1.1~3月はお休み
山のテーブルさんは冬季休業されています
寒さで周辺の道が凍ったりして
危険だからだそうです

2.営業日をチェック
営業日が少なく、固定ではないので
行く前に必ずHP等でご確認ください

3.ランチは予約が必要
ランチは3日前までの予約制となっています
詳しくはHPでご確認ください

4.Googleのナビがお勧め
これはHPに書かれていることですが
車で行く場合、車付属のナビを使用すると
遠回りに案内されるかもしれない とのことです
私もGoogleのナビを利用しました



行き道

今回通ったルートマップ
A→B→C→D→Eの順で
山のテーブルへ行きました


Yama no Table (2)
【写真①】
ルートマップのA地点 
国道163号線にある
北大河原トンネル

【写真②】
ルートマップのB地点 
トンネルを抜けてすぐの交差点を
左折して童仙房・野殿方面へ

【写真③,④】
後は細い林道を進むだけです

余談ですが
この林道には一定間隔ごとに
”通称 きんしろばたけ”
”通称 せとんころ”
”通称 だんごみっつ”
など、意味がよくわからない通称が
付けられていました


Yama no Table (3)
【写真⑤,⑥】
基本的に細い林道ですが
幅が広い場所やすれ違いポイントはありました

【写真⑦,⑧】
ルートマップのB地点から
林道を走ること約10分
林道を抜け民家などがある
開けた場所を走ります


Yama no Table (4)
ルートマップのC地点 
右(赤矢印)へ進みます


Yama no Table (5)
ルートマップのD地点 
交差点を直進します


Yama no Table (6)
ルートマップE地点(山のテーブル)

A地点から走ること約15分
山のテーブルに到着です



山のテーブル

■ 駐車場

Yama no Table (7)
こちらが山のテーブルの駐車場
あまり広くはなかったです
車5台分ぐらいかな?


■ 運動場

Yama no Table (8)
駐車場の横の道から、いざ運動場へ
お店の方に聞いたところ
運動場は駐車できないとのことなので
注意してください


■ 外観

Yama no Table (9)
こちらが元保育園(旧 野殿・童仙房保育園)を
利用して営業されている
山のテーブルさんです
2017年8月にオープンされたそうですよ

写真右側部分が出入口。
靴を脱ぎスリッパを履いて入ります
靴は靴箱へ~


Yama no Table (10)
壁に立てかけられていた12月の予定表
黒板なのがかわいい~

営業予定日はHP等でも見れます
ご覧の通り営業日は固定ではないので
必ず確認してから出かけましょう


■ 内装

Yama no Table (11)
お店の人に許可をもらい店内を撮影

外観は完璧な保育園だったのに
中に入れば一気にオシャレ空間に
ギャップ萌え~ ( *´艸`)

木の温もりいっぱいの店内に
心がはずみます


Yama no Table (12)
店内には長いテーブルがどんっとひとつ。
このテーブルや椅子は
お店の方のDIYだそうですスゲー!

陽の光が差し込んで、
のほほん、穏やかな気持ち…

店内はBGMなどは流れていませんでしたが
静寂が居心地良かったです
周りの音をゆっくり楽しめると思います


Yama no Table (13)
約20年前に保育園が廃園になった後
しばらくはアトリエとして
利用されていたようです

店員さんにお聞きしたところ
床はその時のままで壁は自分達で塗り直した
とのことでしたスンゲー!


Yama no Table (14)
薪の暖炉も現役で動いてました


Yama no Table (15)
元野殿・童仙房保育園の園歌
どんなメロディーだったんだろう


Yama no Table (16)
運動場には滑り台やジャングルジムがありました

保育園の運動場って
こんなに狭かったのかぁ…
子ども達にとっては
きっと広く感じるんでしょうね


Yama no Table (17)
出入口の反対側の扉から出たところに
トイレがありました
すっごく広かったです。


Yama no Table (18)
テーブルの上もオッシャレ~
センスが光る~~


■ メニュー

Yama no Table (19)
メニューもオサレ

今回は
・ 無農薬ほうじ茶(300円)
・ カフェオレ(600円)
・ 長野県産ルレクチェのタルト(500円)
・ 無農薬ゆずのレアチーズケーキ(500円)
を注文しました


■ ドリンク & スイーツ

Yama no Table (21)
無農薬ほうじ茶(300円)

茶葉の香りが香ばしく
味の濃いおいしいほうじ茶でした
さすがお茶の村


Yama no Table (22)
カフェオレ(600円)

砂糖を入れなくてもコーヒー自体が甘めで
豆の香り豊かな落ち着く一杯でした


Yama no Table (23)
長野県産ルレクチェのタルト(500円)

ルレクチェは西洋梨の一品種だそうです
梨がたっぷり入ったフルーティなタルトでした


Yama no Table (24)
無農薬ゆずのレアチーズケーキ(500円)

ゆずが爽やかに香り、チーズとの相性が抜群っ
しっとりとしたあま~いケーキでした



おまけ

Yama no Table (25)
店員さんが
「正門にかわいい おはよう がありますよ」
と教えてくれたので
帰りに見に行きました

確かにかわいい


Yama no Table (26)
せんせー みなさん
ありがとうございましたっ

ぜったい またきますっ
(ペコリ)



おしまい。