Oiwake (1)
********************************
2018年3月12日(月)
天気 晴れ
気温 14℃
********************************
今回行ってきたのは
奈良県奈良市にある
追分梅林(おいわけばいりん)。

追分梅林は私有地にある梅林なんですが
「観梅会」というイベント期間の間
一般開放されます

2011年(2012年?)の春から
休園となっていたようですが
2016年春に復活したということで
梅を見に行ってきました~


<参考サイト>
▶ 追分梅林 | 奈良市観光協会サイト
▶ 追分梅林(追分梅園) | 奈良観光JP

注意

繰り返しになりますが
追分梅林はあくまで私有地です
普段は勝手に駐車したり、
無断で立ち入ったりしないよう
注意してください

追分梅林

Oiwake (2)
冒頭のグーグルマップで
赤いポイントが打たれている交差点を
東に進んですぐの場所に追分梅林はあります
記念撮影するのにもってこいな
記念碑も建っていました

Oiwake (3)
記念碑からちょっと進むと
追分梅林の駐車場と受付があります。
受付からスタッフの方が出てきて
誘導してくれました

■ 駐車場

Oiwake (4)
黒いフェンスの内側が
駐車場になっていました
駐車料金は1日300円
開放時間は10時~15時でした。

Oiwake (5)
駐車場の様子
15~20台分ぐらいの
駐車スペースがありました。

ちなみに
土・日など駐車場が混雑している時は
矢田山遊びの森の無料駐車場に止めて
追分梅林まで歩いて来る人もいるようです
ただしその場合は
アップダウンのある細い道を
15分ほど歩くことになります

■ トイレ

Oiwake (6)
【写真①】
トイレは、梅林のそばにある
若年性認知症サポートセンター「きずなや」さんで
借りることができます

駐車場から受付とは反対方向に
土道を数十メートル進み、、、

【写真②】
舗装された道路に出ると
すぐそこにきずなやさんがあります

【写真③,④】
普通の民家のような外観だったので
入るのを少しためらいましたが
チャイムをならすと職員さんが出てきて
トイレを貸してくれました

■ いざ観梅!

Oiwake (7)
受付に戻り入園料を払って梅林へ
開園時間は10時~15時で、
入園料は大人一人300円でした
(※子供料金の有無については
確認しなかったのでわかりません

ちなみに、昔(休園前)は
駐車料金・入園料ともに無料だったそうです。

Oiwake (8)
受付から梅までは2分ほど歩きます

上の写真は受付の横にある広場です。
この日は平日だったので
何も無く閑散としていましたが
土、日には飲食店が出店したり
とんどが行われたりするそうです。

Oiwake (9)
追分梅林は丘陵地にある梅林で
目の前には第二阪奈有料道路が走っています。

受付スタッフの方に聞いた話では
第二阪奈道路を造ったことにより
土地の水捌けが悪くなるなど土壌が変化し
梅が枯れてしまったのだとか
そのため農地改良造成工事が必要になり
数年の間、休園していたそうです

そして農地改良造成工事後、
先ほど紹介した「きずなや」のスタッフさんなどが
苗木の植樹などに尽力され
梅林の復活に至ったそうです。

Oiwake (10)
梅林が再開したとは言え
梅の木が成長するまでには
数年かかるようなので
若木も多かったです

Oiwake (11)
受付から歩くこと約2分
梅に到着

見事な花を咲かせている
こちらの梅の木は
休園前からある古木達だそうです。

Oiwake (12)

Oiwake (13)

Oiwake (14)
紅梅に比べ咲き具合が良かったからか
白梅の周りではミツバチが
いっぱい飛んでいました
刺されることは滅多にないと思いますが
注意してください

Oiwake (15)
白梅のエリアには
数箇所、椅子と机が置かれていたので
座ってのんびりお花見ができました
お弁当を食べている人もいましたよ

まとめ

こんな感じで追分梅林ぶらり終了
天気が良かったので梅と青空の
見事な景色を見ることができました

写真を撮ったり、休んだりと
ゆっくり花見をしたので
私は50分ほどかけ梅林を歩きましたが
普通に見て周れば15分ぐらいで見終わると思います

私は休園前の追分梅林を知りませんが
休園前を越える梅林になって欲しいと思いました